これから副業を始める方におすすめの専門スキル4選

会社から受け取る給料だけでは不安な時代になったので、副業を検討しなければいけません。この記事で4つの専門スキルを学び、さっそく始めてみましょう。

◆WEBデザイン

大企業ですらインターネットのWEBサイトで営業と販売を行っているため、WEBデザインを身につけると様々な案件を受注できます。中小企業や個人店では専門スキルを持っている人材が少なく、アウトソーシングで対処する事例が多いです。

一般の制作会社では本職のプロが組織的に請け負うことから高額になりやすく、独学でWEBデザインを身につけたサラリーマンが安い金額を提示することで勝負になります。

仕事の範囲は多岐にわたっており、保守運用の代行や、立ち上げの設計から実装まで一貫して担当しています。

◆プログラミング

個人のパソコンが高性能になったことで、自宅でプログラミングをしてお金を稼ぐ選択肢ができました。どの言語を扱えるのかによって分野と案件数が違うので、一から学ぶ際にはどれぐらいの需要があるのかを事前に調べておきましょう。

小規模のアプリ開発や一部のモジュールを担当することが大部分で、オンラインでも守秘義務についての誓約や、書面による契約書を交わすケースが比較的多くなっています。

クラウドソーシングで案件を探す場合には、開発するシステムの要件と納期についてしっかりと確認しなければいけません。

◆ライティング

初心者にとって最も敷居が低い専門スキルが、指定されたテーマで文章を書くライティングです。中学卒業ぐらいの国語力があれば始められるので、副業をしたいが特に専門分野がない方はさっそく検討してみることをおすすめします。

お互いに匿名で受発注するクラウドソーシングで活動すれば、知らない人と直接会う必要はありません。業者のシステム上でメッセージをやり取りすれば、個人情報も完璧に守れます。

副業として月1万円以上を達成しやすい反面、本格的に稼ぐためにはプロも利用している仲介業者に登録するか、自分自身で各企業の担当者に営業することが必要です。

◆翻訳

日本は周辺の国と貿易を行っており、翻訳のスキルを副業に活かせます。従来の文献の翻訳に加えて、WEBサイトの翻訳や外国語としての執筆、アプリなどのプログラムにおける文章の校閲と色々な仕事があります。

英語は需要が高いものの、翻訳ソフトなどの普及で低単価になりがちです。ロシア語のように日本で知っている人が少ない言語であれば、同じ工数の仕事でもより高単価になります。

中国語の需要がどんどん増えており、個人からの案件を多く見つけられます。日本と中国の文化の違いなどの関連知識を幅広く身につければ、副業でもかなり稼ぐことが可能です。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です