デイトレードによる株式投資の魅力

銘柄を購入した後で長期的に保有するだけが、株式投資の全てではありません。投資手法には様々なスタイルが存在します。その中で、短期的に利益を追求するのがデイトレードと呼ばれる手法です。最初のころは難しく感じる投資方法ではあるものの、チャートや銘柄選びの技術を磨くことにより、デイトレードで稼ぎやすくなります。 デイトレードとはその名の通り、1日で売買を成立させ、手仕舞いする方法を指します。購入した銘柄を翌営業日以降に持ち越したりはしません。必ず当日購入した銘柄を、その日のうちに売却して決済します。空売りの場合も同様です。その日に特定の銘柄を売りから開始し、その日のうちに買い戻して終わります。 この手法を選ぶメリットですが、比較的低リスクで株式投資を行えるのが魅力です。1日のうちに大幅に株価が上昇したり、下降したりする銘柄はさほど多くありません。比較的狭い値幅で上昇と下降を繰り返し、その日の取引が終わります。一方、銘柄を持ち越した場合には市場が閉まっている時間帯で、株価に影響を与えるニュースが飛び込んでくることも日常茶飯事です。その影響を受け、翌営業日の株価が前日の株価よりも大幅に上がったり、下がったりした状態からスタートすることも珍しくありません。 いきなり株価が飛んでしまうと、大きな含み損を抱えて泣く泣く手放さなければならなくなる恐れもありますが、デイトレードならばその影響が少ないため、被害を最小限に留められます。デイトレードでも取引時間中に激しく値動きするケースは存在するものの、株価がリアルタイムに動いているときに素早く対処できるため、大きな損失を回避することが容易です。 資金効率の良さも、デイトレードの素晴らしさです。購入した銘柄を持ち越す手法を取り入れる場合、利益を大きく伸ばすために長く保有し続けるのが一般的です。保有期間中に株価が大きく上下動を繰り返し、ときには大きな含み損を被りながらも利益が出るまで我慢して保有し続ける必要が出てきます。その間は保有株に資金を投じている状態ですから、新しい銘柄を購入する余裕が生まれません。 デイトレードは、その日のうちに利益を確定します。値幅が少なく大きな利益が狙いにくい一方、毎日多額の資金を投入し、利益を積み重ねることができます。増えた資金を使って毎日取引を続ければ更に大きく資金が増え、時間を無駄にすること無くスピーディーに多額の資産を築けるようになります。資金量が少ない投資家にとっては大きなメリットです。